Category

Whtat's New

2017/12/14
子供に教えておきたい防犯知識を更新致しました。
2017/12/14
子供の安全を守るには地域社会の協力が不可欠を更新致しました。
2017/12/14
防犯ブザーは定期的に電池を確認するを更新致しました。
2017/12/07
死角が減れば犯罪も減るを更新致しました。

Contents

子供に教えておきたい防犯知識

気をつけたい!通学時の防犯対策 学校と自宅の間の通学路には、危険がたくさん潜んでいます。小学生となると一人で歩くことも多く、またあえてその時間帯を狙った犯行も多いため、通学路を歩く際には特に注意が必要です。お子さんの安全を守るためにも、常に防犯に対する意識を高めておく必要があります。 まず、…

More...

子供の安全を守るには地域社会の協力が不可欠

集団登下校以外で小学生の防犯対策 小学生の通学における防犯対策として、学校が主導の集団登下校が挙げられます。集団登下校のメリットとして、子供たちでも多人数によって安全に登下校ができる点、保護者たちに子供たちが認識されているため、問題が起これば連絡網で然るべき場所へ報告することが可能です。しかし…

More...

防犯ブザーは定期的に電池を確認する

小学生が自分でできる防犯対策 小学生は一年生から六年生までと年齢が幅広くできることにも違いがあります。防犯対策も学年によって保護者が手を差し伸べることも必要です。一年生のうちは学校へ行って帰ってくるだけで精一杯の子供もいます。通学時に一人になってしまうようなら保護者の送り迎えも考慮する必要があ…

More...

死角が減れば犯罪も減る

防犯ブザーのおすすめの選び方 小学生になると子どもたちだけで通学することになり様々な犯罪に巻き込まれないとも限りません。 今回防犯対策におすすめの防犯ブザーについてその効果と選び方をご紹介します。 【1.防犯ブザーの効果】 防犯ブザーを携帯することで犯罪者への威嚇になります。例え人気の少…

More...

気をつけたい!通学時の防犯対策

学校と自宅の間の通学路には、危険がたくさん潜んでいます。小学生となると一人で歩くことも多く、またあえてその時間帯を狙った犯行も多いため、通学路を歩く際には特に注意が必要です。お子さんの安全を守るためにも、常に防犯に対する意識を高めておく必要があります。
まず、お子さんと「もし誰かに声を掛けられたら、どうしたら良いか」という話を普段からしておくことが大切です。大人でもそうですが、思いもかけない事態が起きた時にパニックになって頭が真っ白になるということは良くあります。冷静に正しい判断をするためにも、普段からもしもの時について話をしておく必要があります。
また、実際に親御さん自体が通学路を歩いてみるということも大切です。普段何気なく歩いている場所でも、時間帯によっては周りの状況も変わってきます。人通りが多い道でも、お子さんが一人で歩く時間帯には人気が少なくなっているということもあります。お子さんが実際に登下校している時間帯に自らその道を歩き、危険性を十分に理解したうえで防犯対策を行うことが望ましいです。
小学生になると一人で歩くことも多くなります。お子さんを危険から守るためにも、お子さんと良く会話をし、自ら登下校の状況をしっかりと把握する事は防犯対策としてもとても大切です。

大人は怖いものということを教えましょう

テレビで時々、通学下校途中などで小学生が事件や事故などに巻き込まれるニュースを見ますが、見るたびに辛く悲しくなります。小学生を持った親御さんなら尚更心配だと思います。そんな親御さんや子供さんの為にたくさん防犯グッズが売り出されていますが、いざって時になかなか活用できない現実もあるみたいです。
防犯グッズだけに頼らず、日頃から防犯対策について家族で話し合うことも大事だと思います。学校帰り出来るだけ1人にならないことはもちろんのこと、1人で帰る時は玄関まで気を抜かないのも大事です。なぜなら玄関の扉を開けた途端に不審者がその隙を狙い一緒に入ってくるなどの事件もあるからです。下校途中狙われる確率は本当に高いです。あと大きい車のそばにも近づかないことも大事です。連れ込まれる可能性もあるからです。小学生だと帰り際になると疲れて気が回らない子もいるでしょう。でも身を守る為にも怖がってもいいから大人は怖いものだと教えてあげたほうが良いと思います。子供自身が気を抜かないのが一番防げる方法です。
悲しいかな大人はみんな優しい人間ではありません。人間の仮面をかぶった悪魔はたくさんいます。それぐらい周りに対しても警戒心を持ったほうが一番安全です。どんな場面でも常に危険だと教えることが大事だと考えます。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加