Category

Whtat's New

2017/12/14
子供に教えておきたい防犯知識を更新致しました。
2017/12/14
子供の安全を守るには地域社会の協力が不可欠を更新致しました。
2017/12/14
防犯ブザーは定期的に電池を確認するを更新致しました。
2017/12/07
死角が減れば犯罪も減るを更新致しました。

Contents

子供に教えておきたい防犯知識

気をつけたい!通学時の防犯対策 学校と自宅の間の通学路には、危険がたくさん潜んでいます。小学生となると一人で歩くことも多く、またあえてその時間帯を狙った犯行も多いため、通学路を歩く際には特に注意が必要です。お子さんの安全を守るためにも、常に防犯に対する意識を高めておく必要があります。 まず、…

More...

子供の安全を守るには地域社会の協力が不可欠

集団登下校以外で小学生の防犯対策 小学生の通学における防犯対策として、学校が主導の集団登下校が挙げられます。集団登下校のメリットとして、子供たちでも多人数によって安全に登下校ができる点、保護者たちに子供たちが認識されているため、問題が起これば連絡網で然るべき場所へ報告することが可能です。しかし…

More...

防犯ブザーは定期的に電池を確認する

小学生が自分でできる防犯対策 小学生は一年生から六年生までと年齢が幅広くできることにも違いがあります。防犯対策も学年によって保護者が手を差し伸べることも必要です。一年生のうちは学校へ行って帰ってくるだけで精一杯の子供もいます。通学時に一人になってしまうようなら保護者の送り迎えも考慮する必要があ…

More...

死角が減れば犯罪も減る

防犯ブザーのおすすめの選び方 小学生になると子どもたちだけで通学することになり様々な犯罪に巻き込まれないとも限りません。 今回防犯対策におすすめの防犯ブザーについてその効果と選び方をご紹介します。 【1.防犯ブザーの効果】 防犯ブザーを携帯することで犯罪者への威嚇になります。例え人気の少…

More...

防犯ブザーのおすすめの選び方

小学生になると子どもたちだけで通学することになり様々な犯罪に巻き込まれないとも限りません。
今回防犯対策におすすめの防犯ブザーについてその効果と選び方をご紹介します。
【1.防犯ブザーの効果】
防犯ブザーを携帯することで犯罪者への威嚇になります。例え人気の少ない場所でも大きな音を鳴らされることで相手に焦りや不安が生まれます。ですから防犯ブザーが見えるということが犯罪者が行動を起こしにくくする効果があります。
もうひとつは大声が出せないときの周囲への救援要請になることです。相手に口を塞がれていたとしてもひもを引っ張るだけでいいので簡単に助けを求めることができます。
【2.防犯ブザーの選び方】
防犯ブザーを効果的に使うためには4つのポイントがあります。
ひとつめは音量です。必ず100dB以上の音量のものを選びましょう。ちなみに100dBとはガード下で電車が通るときの音の大きさです。
ふたつめは鳴らし方が簡単なものです。紐を引くタイプやビンを外すタイプ、ボタンを押すタイプなどがありますがおすすめは紐のタイプです。簡単に鳴らすことができ本体に手が届かなくても操作できます。
最後に耐水性があるかです。小学生は雨に降られたりしてブザーが故障することも考えられます。多少の雨などでも耐えられる耐水性のあるものを選びましょう。

小学生の通学時に効果的な防犯対策

最近は小学生が通学時に事件などのトラブルに巻き込まれるという事件が置くなっています。学校と自宅はそれ程距離が遠くないという場合でも、一人で歩くことが多い通学路には危険がたくさん潜んでいます。こうした危険を回避する為にも、大人が防犯を意識してしっかりと対策を行わなければいけません。
通学の際にできる防犯対策として効果が高いのが「防犯カメラの設置」です。実際、通学路に防犯カメラを設置するという自治体も増えてきました。防犯カメラを通学路に設置する事で、万が一何か事件があったとしても、それが直接的に重要な手がかりとなり犯人逮捕に結びつくこともあります。また、防犯カメラには設置するだけで犯罪を抑止する効果があります。実際に大人が通学路に立たないとしても、代わりに防犯カメラが「見ている」というだけでも犯罪は起こりにくくなります。
小学生の通学路に防犯カメラを設置する際には気をつけなくてはならないこともあります。それは「死角を作らない」という点です。どんなに防犯カメラを設置しても、死角があればそこを狙う人が出てくるかもしれません。そのためには少しでもカメラの台数を増やし、死角を作らないようなカメラの設置をしなければなりません。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加