Category

Whtat's New

2017/12/14
子供に教えておきたい防犯知識を更新致しました。
2017/12/14
子供の安全を守るには地域社会の協力が不可欠を更新致しました。
2017/12/14
防犯ブザーは定期的に電池を確認するを更新致しました。
2017/12/07
死角が減れば犯罪も減るを更新致しました。

Contents

子供に教えておきたい防犯知識

気をつけたい!通学時の防犯対策 学校と自宅の間の通学路には、危険がたくさん潜んでいます。小学生となると一人で歩くことも多く、またあえてその時間帯を狙った犯行も多いため、通学路を歩く際には特に注意が必要です。お子さんの安全を守るためにも、常に防犯に対する意識を高めておく必要があります。 まず、…

More...

子供の安全を守るには地域社会の協力が不可欠

集団登下校以外で小学生の防犯対策 小学生の通学における防犯対策として、学校が主導の集団登下校が挙げられます。集団登下校のメリットとして、子供たちでも多人数によって安全に登下校ができる点、保護者たちに子供たちが認識されているため、問題が起これば連絡網で然るべき場所へ報告することが可能です。しかし…

More...

防犯ブザーは定期的に電池を確認する

小学生が自分でできる防犯対策 小学生は一年生から六年生までと年齢が幅広くできることにも違いがあります。防犯対策も学年によって保護者が手を差し伸べることも必要です。一年生のうちは学校へ行って帰ってくるだけで精一杯の子供もいます。通学時に一人になってしまうようなら保護者の送り迎えも考慮する必要があ…

More...

死角が減れば犯罪も減る

防犯ブザーのおすすめの選び方 小学生になると子どもたちだけで通学することになり様々な犯罪に巻き込まれないとも限りません。 今回防犯対策におすすめの防犯ブザーについてその効果と選び方をご紹介します。 【1.防犯ブザーの効果】 防犯ブザーを携帯することで犯罪者への威嚇になります。例え人気の少…

More...

集団登下校以外で小学生の防犯対策

小学生の通学における防犯対策として、学校が主導の集団登下校が挙げられます。集団登下校のメリットとして、子供たちでも多人数によって安全に登下校ができる点、保護者たちに子供たちが認識されているため、問題が起これば連絡網で然るべき場所へ報告することが可能です。しかし、集団登下校だけでは防犯対策に限界があり、より安心して通学ができるよう対策を練る必要があります。
昨今では小学生でも簡単に扱える防犯グッズが販売されています。GPS機能を搭載した携帯端末なども優れたアイテムですが、子供に持たせるのは敷居が高く、躊躇してしまう親御さんが多いです。しかしインターネット通販や専門店を覗けば様々なグッズが販売されていますし、価格帯も比較的安価で入手しやすいことが特徴です。
また通学路に子供100当番の家などを設けることも防犯対策になり、学校と地域が一体となることで共通認識が生まれます。同時に子供たちを守る対策を強化できますし、学校生活においても、犯罪に巻き込まれないために教育を徹底することが大切です。一人ひとりとカウンセリングを実施し、防犯対策を学ばせる機会を作ることで通学時の安全性を高めることが可能なのです。

小学生に防犯ブザーを着用させる

小学生の通学の時の防犯は、集団登校と防犯ブザーの着用です。集団登校は、多くの人数で登下校することで、子供を守ることができます。しかし、一人になる時間もあります。1人になる時間を狙ってくる人に対して小学生でもできる行動は、防犯ブザーをならすことになります。
防犯ブザーはかわいいものやおしゃれなものが売っています。子供が欲しがり、親も買ってあげたくなります。しかし、子供が防犯ブザーを持っていることをわかりやすくすることが防犯にもつながります。シンプルでランドセルの色と一体化していないものが理想です。小学生のランドセルの色はカラフルになってきました。防犯ブザーはランドセルを背負った状態で、子供の手の届く位置に取り付けます。ランドセルのベルトには防犯ブザーを付ける金具がついているものもあります。小学生を正面から見るとよく見える位置です。
目立ちやすい色は黄色です。学校によって異なりますが、学校指定の通学帽やランドセルカバーには黄色が使われる傾向があります。同じく防犯ブザーを黄色にすることで、遠くから見てもわかりやすくなります。
そして、ブザーは壊れにくいものが求められます。おしゃれ重視のものは壊れやすく、持っていても意味がなくなってしまいます。子供を守るためには、防犯ブザーがあると安心が増えます。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加